入稿前準備(Photoshopの保存形式について)

概要

当店へPhotoshopデータを入稿する場合の、データの保存形式について説明します。


Photoshopの保存形式について

Photoshopは様々な保存形式がありますが、できればPhotoshop EPS形式(.eps)で保存していただくようお願いいたします。 ただし、Photoshop形式(.psd)やTIFF形式(.tif)を使用してはいけないということではありません。IllustratorやInDesignなどで画像の透明を利用する場合はPhotoshop形式を活用してください。DCS形式は利用しないでください。
img006_004-01

Photoshop EPSのJPEGエンコーディング(圧縮)について

PhotoshopEPSのJPEGエンコーディングは画像を圧縮して保存する形式です。ファイルサイズが小さくなるのでMOやCD-Rなどにより多く入れることができ、また時間も短くコピーできますので、おすすめです。 通信にて画像データを入稿される場合にも、StuffItやLha・ZIPなどで圧縮するよりも効果的にファイルサイズを圧縮することができます。


JPEGエンコーディング使用時の注意点

JPEGエンコーディングは何回も保存し直すと画像が劣化する場合がありますので注意が必要です。 入稿直前にJPEGエンコーディングに保存し直すのが最も画質が劣化せずにおすすめです。
img006_004-02
img006_004-03

正しい出力をするためにも、カラープロファイルを埋め込まないで下さい。プロファイルが埋め込まれていますとRIP処理に不具合が起き、正確な色分解が行われません。