断裁のズレと塗り足しについて

概要

このページでは、断裁のズレと塗り足しについて説明します。

〔塗り足し〕の必要な印刷物

用紙の端までいっぱいに印刷する場合には〔塗り足し(ぬりたし)〕が必要です。 例えば下のAは用紙の端いっぱいまで印刷されるデザインなので〔塗り足し〕が必要になります。 一方Bは用紙の周りが白(紙の色)になっているので〔塗り足し〕は不要です。



〔塗り足し〕って何?

印刷物は、印刷後に用紙を断裁してご注文のサイズに仕上げてます。この時、断裁の位置はわずかにズレます。 この断裁位置がズレた場合の予備を〔塗り足し〕といい、写真やパスなど用紙の端にかかるものは全て外側に3mmずつ伸ばして作ります。



水色の領域が塗り足し。仕上り位置(断裁位置)よりも外に3mmに伸ばして作ります。塗り足しは、基本的に断裁時には、切り落とされて無くなってしまいます。


〔塗り足し〕が正しく作られている例


写真、帯、線がすべて3mm外側まで配置されている。


〔塗り足し〕がない場合


塗り足しが無い場合、断裁位置が外側にズレると、拡大図(黒丸囲み)のように、 紙の端に白(紙の色)が出てしまい、用紙いっぱいに印刷されているようになりません。


制作時の注意点(文字について)

文字は、仕上り位置(断裁位置)から少し離して配置した方が安全です。 理由は、断裁位置は上下左右どの方向にもズレる可能性があるからです。仕上り位置(断裁位置)の近くに文字を配置していますと、 断裁位置のズレによって、切り落とされて無くなってしまうかもしれません。
文字は仕上り位置(断裁位置)から少なくとも1.5mm以上は内側に配置したほうが良いでしょう。